2013年08月07日

桃音ピク フィギュア化計画その4

ずいぶん間が開いてしまいましたが再開です(^^;
前回は厚み付け、穴埋め作業をやりましたが
ポーズ付けと穴あきのチェックをします。
ポーズ付けは六角大王上でやりました。
act3_130807-1.jpg
六角で骨入れ、ポージングは実に4年ぶりw
マニュアルを参照せず、なんとか手が覚えてました。

3Dプリンタで出力するにはSTLというファイル形式が一般的なようです。
また、ポリゴンの穴あきやエラーのチェックにはMiniMagicsというソフトを
使いますが、その読み込み形式もSTLなので
六角データをそれに変換する必要があります。
STL変換ソフトはいろいろありますが、今回MeshLabというソフトを
使用してみました。

「データ変換の流れ」
六角大王でobj形式で出力→MeshLabでSTL形式で出力→MiniMagicsでエラーチェック

MeshLabはこちらでダウンロードできます。→MeshLab
ダウンロード手順は以下の通り
act3_130807-2.jpg
act3_130807-3.jpg
OSが64bitの場合は一つ上
クリックするとサブウインドのファイルを保存を押します
act3_130807-4.jpg
保存したやつをダブルクリックでインストールします。

MiniMagicsはこちらでダウンロードできます→STLフリービューワ
MiniMagics(ミニマジックス)


act3_130807-5.jpg

いずれもフリーソフトです。
MiniMagicsはインストール後30日過ぎると登録が必要になりますが
お金はかかりません。

六角データを面を滑らかにするため曲面化しobjファイルで書き出します。
このときファイル名を英文にしないと
MeshLabではテクスチャーが読み込めなくて反映されないので注意。
act3_130807-7.jpg

MeshLabを立ち上げobjファイルをドラッグ・アンド・ドロップすると
ファイルが読み込まれ桃音ピクが表示されます。
act3_130807-8.jpg
STLで書き出すにはFileメニューのExport Mesh As...をクリック、
サブメニューのFile of typeからstlを選択します。
act3_130807-8-2.jpg

act3_130807-8-3.jpg

STLを書き出したら今度はMiniMagicsを立ち上げ、
ファイルをドラッグ・アンド・ドロップします。
するとすぐに面が閉じてないなどのエラー箇所が黄色の線で表示されます。
act3_130807-9.jpg

これを見ると腕やツインテールの終端が閉じてないことがすぐわかります。
実はあえて閉じずにobj書き出ししました。
面を閉じてないオブジェクト同士でも重なってれば一見
閉じたモデルに見えますが、やはりそれぞれ面を閉じて
ソリッドモデルにしないとエラーになるようです。
またフリル部分が細かい所でエラー箇所になってますが
これは三面稜線で中に面が貼られていた箇所でした。
act3_130807-10.jpg

表示オプションメニューから《スクリーンショットをクリップボードにコピー》を
選択し、画像ソフトで保存します。
その画像を参考に、閉じてない面を閉じ三面稜線の面を削除して
再度エラーがないか確認してobjファイルでそうた監督さんに渡しました。

そうた監督さんがアイジェットさんにそれを渡して一週間ほどしたら
テェック画像の返信が来ました。

act3_130807-11.jpg
act3_130807-12.jpg
act3_130807-13.jpg

『エラーがほとんどなく綺麗なデータですが厚み0.8mm以下の箇所があるため
取り出し時に破損してしまう可能性があります』……とのことでした。

曲面化したことで想定以上にヒケ細り、厚みが不足したようです。
つぎはこれらの修正作業になります。
posted by キオ at 08:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 六角大王

2013年06月13日

桃音ピク フィギュア化計画その3

【フリルの実体化】

服のフリルはポリ板にアルファ抜きしたpng画像を貼り付けてますが
3Dプリンタだとこれは再現されません。
なのでフリルを一つ一つモデリングします、これが一番大変な作業でした。
act3_130612-1.jpg
act3_130612-2.jpg

フリル板を削除し、厚みを付け面を閉じます。
act3_130612-3.jpg

縁の面を一つおきに選択し、押し出します。
act3_130612-4.jpg

残りの面も選択して押し出し〜
act3_130612-5.jpg
act3_130612-6.jpg

これを元に形を整えていきます。
act3_130612-8.jpg

曲面化するとこんな感じ。
フリルにしては厚みがあり大味になってます。
act3_130612-9.jpg
出力依頼する3Dプリンターは石膏粉を固めるタイプのもので
色彩も再現されますが結構もろくて一ミリ以下の厚さだと
壊れやすい弱点を持っています。
出力サイズは15センチ〜20センチの予定なので
モデリングソフトの実寸スケール(桃音ピクの身長は158センチ)
で1センチ以上の厚みをフリルにもたせる必要があるので、このような大味にしてます。

服の他のフリルも同様に厚みをもたせて実ポリゴンで作成。
act3_130612-10.jpg

スカートの裏地はスカート部分を縮小コピペ、&法線反転で作成。
act3_130612-11.jpg

服と厚みを作ってつなげます。
act3_130612-12.jpg

袖のフリルと同様に厚みの部分を押し出してフリルを作成。
act3_130612-13.jpg

ウォレットチェーンもこのままだと薄すぎ、細かすぎで確実に壊れますので
パーツを作り直し、ぶ厚くしました。
隣のグレーの立方体は1センチ角で作った厚みの目安です。
act3_130612-14.jpg
act3_130612-15.jpg

ヘッドセットのマイク部分は省略するか迷いましたが太くして付け直しました。
act3_130612-16.jpg

シューズ部分も隙間をなくし、これで3Dプリンター出力の
第一条件である厚み付け、穴埋め作業終了。
posted by キオ at 03:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 六角大王

2013年06月12日

桃音ピク フィギュア化計画その2

さて続きです
MMDモデルだと目とハイライトの光を別オブジェクトに
してる場合が多いと思われますが
act3_130611-1.jpg

3Dプリント出力には不向きですので
眼球にテクスチャーとして貼り付けます
私のモデルでは眼球と瞳部分でテクスチャーを別にしてますので
ハイライトの光と一緒に統合します。
act3_130611-2.jpg
         ↓
act3_130611-3.jpg

んで、ハイライトのオブジェクトを削除し、それを眼球に貼り付け
act3_130611-4.jpg
元と微妙に違うけど気にしないw

ボディは胴体部分を作ってありますが
服に隠れる部分は削除します
act3_130611-5.jpg
         ↓
act3_130611-6.jpg

これを服とスカートにつなげて一体化しますが
その前に服に厚みをつけます。
act3_130611-7.jpg

一番ややこしいのは襟の部分の厚み付けでした。
act3_130611-8.jpg

折り返してるものに簡単に厚みを付ける方法が思いつかず
力技でチマチマとポリゴン編集〜
act3_130611-9.jpg

首のパーツとつなげます
act3_130611-10.jpg

今回はここまで
posted by キオ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 六角大王

2013年06月10日

桃音ピク フィギュア化計画その1

そうた監督さんから桃音ピクを3Dプリンターでフィギュア化したいとの
ご要望があって、そのお手伝いをすることになりました〜

ポーズはgdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーーズ)BD第一巻の表紙に決定


表紙画はMMDモデルで作られてますが
MMDモデルをそのまま3Dプリンターで出力は出来ないので
その調整をやります。
PMDデータを3Dプリンターで出力する方法は
そむにうむさんが氏のブログでまとめてますので
それを参考にさせていただきました。

「MMDアバンドール」速報-3DCGコンテンツと暮らすMakersな日々

そむにうむさんはMetasequoiaを使用されてますが
私の場合は使い慣れたモデリングソフトの六角大王を使用します。
act3_130610-1.jpg

3Dプリンターで出力するにはオブジェクトに隙間や穴が
空いてたり、厚みがないとエラーが出て使えませんので、
しばらくはそれを解消する作業になります。
act3_130610-2.jpg

まずはヘッドセットのハートの飾り
これは厚みの無い状態なので
ポリゴンを閉じて立体にします。
act3_130610-3.jpg

閉じてない側のエッジを選択し押し出します。
act3_130610-4.jpg

押し出したエッジを選択したままにして加工メニューの
省略で「その他」を選び99を入力します。
act3_130610-5.jpg

するとエッジが省略されて単一ポイントになり平面が閉じて立体になります。
単一にならない場合ははさみツールを使って単一にします。
act3_130610-6.jpg

後はこの要領で閉じてない髪の毛や顔を
隙間のない立体にしていきます。
act3_130610-7.jpg
act3_130610-9.jpg
act3_130610-10.jpg
act3_130610-12.jpg
act3_130610-13.jpg
首の方は後で胴体とつなげます。
今日はここまで。

追記〜
オブジェクト同士をめり込ませれば隙間はなくなるので、
わざわざ面を閉じなくてもいいかもと後で気づきましたが
とりあえず面閉じ方法で進めます。

先生何やってんすかw




posted by キオ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 六角大王

2013年05月19日

ClipStudioModere βテスター応募しませんでした

私が使用しているモデリングソフト六角大王の後継ソフトらしい
ClipStudioModereがβテスターの募集を開始し、
先日応募期間が終了しました。

私も応募しようと思ったのですが
逡巡してる間に応募期間が過ぎてしまいました
なぜ躊躇したかというと
規約を読むと
クローズドβテストなのでClipStudioModereが
どういったものなのか秘匿義務があるのは
当然なのですが
βテスト期間終了後もその縛りがあるように
書かれてました。
私としてはClipStudioModereを使用したモデリング記事を
書く予定ですので
βテスターになってしまうと
それができなくなる恐れがあります。
また悪口を言いふらすと裁判起こすよ
な〜んてことも書かれてました。
下手に辛めの評価をしたら告訴されかねませんw

操作画面のスクリーンショット
見ての判断ですが六角大王の後継ソフトというより
モーフィングやレンダリングの機能を削った
ClipStudioaction用に特化した簡易モデリングソフトに見えます。
六角ユーザーがこれに乗り換えるメリットが
あまり無い気がしますね〜

まあとにかく製品版が出たら買って試してみます。
posted by キオ at 12:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 六角大王

2013年03月04日

私的MMB計画再開

私的MMB計画
↑六角大王からBlenderへのデータコンバート、
モデルセットアップを解説されてるサイトです。
管理人さんは急病を患い一時期休止されてましたが
ぼちぼち再開されてます。
Blenderを使ってみようという方はご参考にどうぞ

←VOCALOID 3DCGリンクにもリンクしました
posted by キオ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 六角大王

2012年06月25日

サイト紹介

六角大王からBlenderへのデータ変換の
参考になるサイトを紹介〜

私的MMB計画

Oji53さんが作られたサイトで
六角大王からBlenderへデータの変換し方、
Blenderのボーン設定などを
説明図入りで詳細に解説されてます。
最新Ver.のBlenderを元に説明されてるのもありがたいですね〜

最近のBlenderはUIが改良されて使いやすくなってます、
六角ユーザーでBlenderにも興味がある方には
きっと参考になると思います。


posted by キオ at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 六角大王

2009年08月09日

コンサートステージデータアップ

コンサートステージアップしましました。

コンサートステージ01

ライトなどのモーフィング設定あり、なし、
モーフィングのアニメ設定ありの三種用意してあります。
モーフィングアニメ設定ありは正直非常に重いので、お手持ちのパソコンの性能に合わせて
お使いください。
090809.jpg
posted by キオ at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 六角大王

2009年08月06日

六角大王3D活用作例集

六角解説本「六角大王3D活用作例集」の
アニメーションパートの記事を執筆させていただきました。
090806.jpg
六角大王で作成した初音ミクでの
アニメーション機能の解説です。
初音ミクのキャラクター使用についてご許可いただき
クリプトンフューチャーメディア社さんに
厚くお礼申し上げます。
またPV制作記事の素材としてlivetuneさんの初音ミクがオリジナル曲を歌ってくれました「ストロボナイツ」、Yumikoさんによる
【yumiko featuring 初音ミク】ストロボナイツ『LIVE PARK IN AKIBA』
の歌詞、動画を一部お借りしました。
kzさん、Yumikoさん、また撮影者の暴君さんにお礼申し上げます。
さらに編集に携わった井口さん、どうもお疲れ様でしたそして
ありがとうございます。
解説に必要な素材はブログからダウンロードできますが
解説専用のHPを準備中です、
久々のHP更新でやりかたすっかり忘れておりますが、
今週中にアップする予定です。
書籍は今日、明日にも書店に並びそうなので
急がねばっ

また各章の著作者さんのHPリンクを左側に設置しました。
posted by キオ at 12:59| Comment(2) | TrackBack(2) | 六角大王

2009年06月08日

六角大王発売

 しばらく用事で更新途絶えてましたが、
今日から復帰します。

 さて六角大王Super6発売されましたね〜
まだ仕上げのレンダリングのやり方とか
これから私も勉強します。

βテストと作品採用で二つ分もらいました。
一つは自分用ですが後一個どうしよう?
一円開始でヤフオクにでも出すかな。
090608.jpg
posted by キオ at 20:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 六角大王

2009年04月23日

な、なにがなんだか

六角S6の作例の修正が20日までだというので
それにあわせて背景を作成し、完成させて
いざ送ろうとしたら、背景データがごっそり消えていた…
何がなんだかわからない・・・

何とかサルベージしたのがこれ
090423-1.jpg
作るのがめんどくさかったトラス構造物が残ってたのは
幸いだが、結局間に合わなかった・・・orz

背景はこのブログで配布することにします。
とりあえず作り直して、こんな感じになりました。
動画にすること前提なのであまり凝ったものにすると
レンダリング時間が果てしなくかかりますから
この程度で。
090423-2.jpg
この一枚のレンダリング所要時間は
core2Duo 1.8で1分20秒ほど。
posted by キオ at 02:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 六角大王

2009年03月11日

六角大王Superから直接PMDEditorへ

今度は六角SからXファイルで直接PMDEditorへ
もっていってみます。
大きさの倍率設定は六角の書き出し時に
0.1265倍(MMDに読み込ませる時の10倍)
にするか、あるいはMMD用に書き出したファイルを
PMDEditorの方で10倍で読み込ませると
ちょうどいいです。
090311-1.jpg
090311-2.jpg

戦車を読み込ませてみましたが、MMDに読み込ませたものより
エッジがたっていい感じです。
090311-3.jpg

また曲面化のままのものは自動的に分割され、
骨の入ったままでも読み込んでくれます。
(骨は読み込んでくれません)
MMDより柔軟ですが、モデルへのライトが
明るすぎるようです。
090311-4.jpg

MMDやPMDEditorとの連携はメタセコが定番と思ってたのですが、
意外と六角大王でもそれらとの相性がいいように感じました。
ただ六角で付けた骨やスキニングは読み込んでくれないので
PMDEditorで設定する必要があります。
PMDEditorでのボーン設定はXYZの数値を打ち込んで設定しますが
これがヒジョーに面倒くさい。
この辺を改良してくれたらなーと思います。

アクセサリーは簡単に六角で直接持っていけますが、
キャラモデルを持っていく場合には
ボーンをつけやすいToyStudioなどを経由した方が早いかも
知れません……

つーこって今ToyStudioで骨入れしてる途中です。
090311-5.jpg
posted by キオ at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 六角大王

2009年03月10日

六角大王Superから直接MMDへ

さて自分のミクをMMDに持っていこうと
試行錯誤していますが、
アクセサリーのような小物なら
六角大王Super5からXファイル書き出しで
直接MMDにデータを持っていけます。
それと書き出した時の大きさの倍率設定ですが、
等倍、0.1倍だと大きすぎました。
で、六角のライブラリーからダイニングセットをXファイルの
0.01倍の大きさで書き出してみましたがちょっと小さい…
Image1.jpg

MMDの初音ミクと同じ身長の158cmの円柱を六角で
作成、0.01倍のXファイルを書き出して読み込ませ、
並べて見ましたがやはり小さいです。
090310-1.jpg

いろいろ試してみて0.01265倍だとちょうどいいようです。
090310-2.jpg

ダイニングセットも0.01265倍で書き出しし直し〜
Image2.jpg

ちょうどいい感じ。
Image3.jpg

六角のライブラリーにある戦車を書き出してみました。
090310-11.jpg

こんな風に六角から直接MMDにデータを持っていけますが、
骨の入ったモデルや、
環境マップの貼ってあるもの、曲面化表示のままのもの、
オブジェクト数の多すぎるものはエラーが出てMMD側で
読み込めない場合があるのでそれらを修正する必要があります。
つまり
骨が入ってるやつはそれを抜く、
環境マップを貼らない、
曲面化されたモデルは曲面にしないか、曲面上で等分割、
などの作業が必要です。
また透明度のあるテクスチャーはMMD側では
反映されないです。
それと六角では面の表示は両面表示がデフォですが
MMDでは片面表示になりますので、
素材の面が裏返ってる場合がありますので
それも修正する必要があります。

とまあ、いろいろ面倒ですが、
六角にはライブラリに約1000点の小物があります、
また六角の素材集でもある、さし絵スタジオには
3000点以上もの素材がありますので
MMDのアクセサリーの供給源として有用かも〜
ご注意:六角の素材の著作権はそれぞれの作者にあります、
Xファイル等の形状データ形式での無断公開は出来ないです)
posted by キオ at 23:37| Comment(9) | TrackBack(1) | 六角大王

2009年03月03日

何を作るか

今月23日締め切りの作品募集に何を作るか
大体決めました。
募集要項を読むと

>個性の光っている作品は収録の可能性が高くなります。たとえば、作品のテーマはなんでもOKですが、あまり他の人が選ばないような、面白いテーマだとポイントが高くなります。

 よくわかる話ですし、私も選者ならそうするかもしれませんが、
過去痛い目にあってますしね〜(^^;
いくら切れの良い変化球でもキャッチャーが捕れないと
暴投です。
 昨今の環境テロリストに対抗して昔の鯨とりの風景とか
斜め上なことも考えないこともなかったんですが
今回は実に私らしい作品を作ってみるつもりです。
結果としてとんでもない暴投になるかもしれませんがw
posted by キオ at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 六角大王

2009年01月14日

ルオ式KAITO

ロクスタにデータを提供されてる
六角使いのルオさんがKAITOのモデリングデータを
公開されてます(六角大王S5形式)
アダルトな兄さんですね〜
六角S5を持ってらっしゃる方は
ぜひDLされてみてはいかがでしょう。
090114-1.jpg

KAITOが公開されてるルオさんのブログ
        ↓
      ルオコウボウ
posted by キオ at 00:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 六角大王

2009年01月05日

今週の目標1月第一週 素体モデル2009

毎年、その年の目標を立てますが
似たようなおおざっぱな抱負ばかりで達成したのか今一不明…
なので毎週月曜日ごとに小目標を立てることに。
有言不実行な私のことなのでいつまで続くかわかりませんがw

今週は素体モデルの2009年度版を作ります。
それまでの素体モデルに手を入れて
できれば幼女、少女、大人の女性と3パターン作って
二次使用可能でダウンロード販売してみようかな〜

090105.jpg

あ〜もちろんボカロもちまちま進めていきます。
posted by キオ at 21:33| Comment(12) | TrackBack(0) | 六角大王

2008年12月02日

ロクスタ2008

六角データ集「ロクスタ2008」のダウンロード販売が
開始されました。

「ロクスタ2008」

他の方が作ったモデルは普段いじらないので
なかなか参考になります。
値段もすごくリーズナブル!
posted by キオ at 08:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 六角大王