2010年12月29日

この休みに

ゴス衣装のミクさんは髪の毛とかテクスチャー無しだったので
現在それを制作してます。
髪の毛のUV展開やっと終わりました。
六角での作業だと私は
モデリングよりもこのUV作成とテクスチャー作成の方が
時間かかったりします。
101229-1.jpg

このUV作成だけでもメタセコかblenderを習得して
効率UPしませんとね〜
posted by キオ at 20:49| Comment(8) | TrackBack(0) | MikuMikuDance
この記事へのコメント
blenderには、3D状態に色を塗る機能があるらしいですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=gVa3Ik0vn6M
Blenderで色々な作例を書いてくれているサイトはこちらとかですけど、3D paintの話題は無いみたいです。
http://bmania.blog70.fc2.com/
最終的な利用形態がMMDなら、おそらくMetasequoiaの方が便利なのでしょうね。
Posted by アロハ at 2010年12月30日 08:54
ただ、キオさんのモデルだけじゃなくて、動画作品も見て見たい立場からすると、3ds MAXを買ってみるとか、Blenderとかの統合3DCGソフトという路線に進まれた方が、フルパワーを発揮できるような気がしてなりません。
Posted by アロハ at 2010年12月30日 09:35
>アロハさん

ども〜
実はCINEMA4Dを所持してまして3Dオブジェへの直接ペイントはそのプラグインであるBodyPaint3Dってやつで出来るのですが私のスキル不足のせいで今一使いづらいです、てかアップグレード料金が高くて古いバージョンのままもう何年もCINEMA4Dを起動してません。
来年は頑張って高機能統合3Dソフトを購入し、それで動画つくってみようかと思ってます。
Posted by キオ at 2010年12月30日 21:09
Cinema4Dもありですね。
Blenderは、2.5台になってようやく、
人型の標準リグみたいなのが出てきたようです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13097367
Posted by アロハ at 2010年12月31日 00:31
UVはほぼやったことがないんでなんとも言えないんですが
そのうちBlenderでもUVリラックス機能つくかも('(゚∀゚∩
http://blender.jp/modules/news/article.php?storyid=3269
Posted by at 2010年12月31日 02:22
ども〜
Blenderは新Verになってようやく他のソフトと似たようなインターフェイスになって分かりやすくなったような気がします。ぼちぼち弄ってみますか。
Posted by キオ at 2010年12月31日 20:47
たまたまLive Unwrapというシーム切ったら即UV反映される機能の動画見てたんですけど
Blender普通にUVリラックス機能あったんですね/ ,' 3 `ヽ
http://vimeo.com/21943368
この動画の6:45秒にCtrl+Vとか言っててうにょ〜んとストレッチしてました
Posted by at 2011年07月19日 01:11
>/ ,' 3 `ヽさん

うお、こういったUV操作は六角ユーザーからするとうらやましいいいいいいいいい!
Posted by キオ at 2011年07月20日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42302895

この記事へのトラックバック