2009年08月05日

いろいろ来てます

ブラザーさんの新作来ました!

ブラザーさんの作品は映像美を感じずにはいられない!


六角S6のレンダ機能を使った作品が登場、
ミク以外はS6用に質感設定をやり直してはいなかったんですが
うまくまとめてあります。


六角でよくぞここまで動かせたものです!
すげー!
posted by キオ at 03:33| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記
この記事へのコメント
あいかわらずブラザーPさんの作品は六角で
ある事を忘れるくらい滑らかに動きますね〜。

いやー、本当に凄いです。
他のツールとの連携も上手いですし、
その技術くれ!と言いたくなってしまいますw

六角S6のレンダリングは今までの
質感と大きく変わりますね。

影がまともに落ちるだけでこんなに臨場感が
出るんですね。
ただ、目の部分がちょっと気になりました。

やはり新しい六角用に材質などを調整した方がよさそうですね。
Posted by アノマロかりんとう at 2009年08月05日 10:31
素晴らしい。
S6のレンダリングは、いい感じになる
ポイントがまだ今ひとつつかめていないので、
こんな感じに作るのも大変なのかなと思いました。
アノマロさんのおっしゃる通り、他のソフトであれば、布の質感とか、皮膚の質感とか、
プラスチッキーな質感と差をつける事で、
けっこうリアリティが増すのですけど、
六角大王ではどこらへんまで出来そうなんでしょうね。
Posted by アロハ at 2009年08月06日 00:23
>アノマロさん

ブラザーさんは3D、AEをいじり始めてまだ日も浅いはず、伸びしろが大きいのでこれからも期待できますね〜

目の部分などハイライトを実ポリで作ってますから違和感感じてしまいますね〜
リアルレンダ用のモデルも用意するのはちと面倒ですがw

>アロハさん

六角のレンダ機能はまだ出たばっかりですので
これからのノウハウの蓄積を期待しましょう。
私も勉強中です。
レンダリングに関しては解説本の記事の担当されたG−BLACKさんのHPに詳しい解説があります、参考になりますよ!
http://www.aquarea.info/
Posted by キオ at 2009年08月06日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31070518

この記事へのトラックバック

六角大王3D活用作例集
Excerpt:  キオ式モデルを使った動画【巡音ルカ】ワンダーラスト Piano REMIX【3
Weblog: ひでのブログ
Tracked: 2009-08-06 21:37

[MAD]
Excerpt: 【巡音ルカオリジナル曲】ワンダーラスト【手描きPV付き】 ↑3:25 曲「ワンダーラスト」 曲・映像製作:ささくれP . 【巡音ルカ】ワンダーラスト Piano REMIX【3DPV】 ↑4:30 ..
Weblog: 「短歌と短剣」探検譚
Tracked: 2009-08-06 21:38