2008年03月23日

な〜んにも

土日はな〜んにもやらず骨休めして
本読んでました。
「映画の撮り方ビデオの撮り方」
「巨匠の映画に学ぶビデオ撮影術」
ともに西村雄一郎氏の著作です、タイトル通り
基本的な映像の撮り方のハウツー本です。
10年位前に買って、読まずに本棚に飾ったままだったのを
今更ながらに読みました。
PV作る時の参考になりそうです。
てかヒッチコックとか黒澤作品を観たくなったw

特に専門じゃなかったんですが、
映像参考書はいっぱい読みました、
「映画の文法」とか図解のカットをノートに
描き写したりしてましたね〜
他に「シナリオ構造論」とか脚本関係も読み漁りました、
この本はまだ持ってます。

・・・内容すっかり忘れてしまってますがw
posted by キオ at 23:32| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
やべ。さんざんメイキング作ってえらそうなこと言ったわりにそういう本読んだことないわw
Posted by ussy at 2008年03月24日 00:40
筒井康隆の「短篇小説講義」
http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%AD%E7%AF%87%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E8%AC%9B%E7%BE%A9-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%AD%92%E4%BA%95-%E5%BA%B7%E9%9A%86/dp/4004301289
が読み物として面白かった記憶はあるのですが、
映像系の本は、真面目に読んだ事無いです。
あと、ブルース・リーにも慕われていたという、
西本さんというカメラマンの話も読んだ事ありますけど、
あまり技術的な内容ではなかったと思います。

動画の作り方系で、
「一般的にはこれがよく知られている教科書」
は、どんな本があるのでしょう?
Posted by アロハ at 2008年03月24日 01:32
>本読んだことないわw

っえええ?驚きですわ。
構成や余韻の残し方はこの手の
映像の文法を理解したつくりだと
思ってました。
私はもともとビデオカメラ紀も
ありましたし、PV作りにも役に立つ
と思ってこの手の本を図書館で借りて
斜め読みしてます。

最近借りて参考になった本は
デジタルビデオ・メイキング
映画技法のリテラシー
傑作から学ぶ映画技法完全レファレンス

ですね。


Posted by piron at 2008年03月24日 07:30
気に入った映画を何十回も見るクセがあるから少しは学習できてたのですかねぇ。
あと、実写ビデオ編集も肥やしになったのだと思います。

ああ、頼まれたビデオレター作らなきゃ…
Posted by ussy at 2008年03月24日 17:24
全然関係ない話しますけどw
去年のスパイダーマン3、個人的にはちょっと残念な出来だったけれど映画館に6回見に行ったw
信者なんだな〜
中には何十回と足を運ぶ人もいるとかw

ああ、アイアンマン見てーなー
Posted by 可動F at 2008年03月24日 20:04
>アロハさん

映像論についてはたくさんの書物がありますので、これはもう自分にあったものを選んだほうが良いでしょう、pironさんのあげた「映画技法のリテラシー」なんかはすごく有名です、また理論的なことは「映画の文法」を一読してみるのも良いかと思います。

それから「天空の城ラピュタ絵コンテ集」を映像を思い出しつつ、なぜ、宮崎駿監督はこのカットはこうつなげたのか考えながらじっくり読むと勉強になりますよ。

>pironさん

映像理論の本は面白いですよね〜
読むとなんか自分でも映画が作れそうな錯覚を起こしてしまいますw

>ussyさん

>気に入った映画を何十回も見るクセがあるから少しは学習できてたのですかねぇ。

万刊の書物をいやいや読破するより、そうやって勘を養う方が近道のような気がします。
黒澤明監督は助監督のころ、不要カットのフィルムの切れ端をつなげてまったく別の面白おかしい作品に仕上げて関係者を笑わせていたそうですが、これ今で言うところのマッド作品に他なりませんw
その時に培った編集技術が後々大いに役立ったらしいです。楽しんで何かやった方が身に付くことだと思います。

>可動Fさん

映画館に6回とはもうフリークw
頭の中に蜘蛛男の動くタイミングがインプットされてることかと思います、もし可動Fさんがアニメ作ると、それが自然に出てくるんとちゃいまっかw
Posted by キオ at 2008年03月25日 00:16
「映画技法のリテラシー」を買ってみようかな・・・

> 黒澤明監督は助監督のころ、不要カットのフィルムの切れ端をつなげて

ハリウッドの話で、昔は監督と、若手が一緒になって、フィルムを編集する中で、
技術が伝承されていったのだけど、
最近のデジタル編集は、へたすると、
監督だけで編集できてしまうので、
技術が伝わらない懸念があるという話を聞いた事があります。
Posted by アロハ at 2008年03月25日 01:12
>自分でも映画が作れそうな
そうなんですよw
趣味:個人映像作家みたいな〜カンジです。

私もまずは好きな作品を繰り返し
見るところからですね。

のこりの2つ本の概要は
デジタルビデオメイキング
 これはビデオ編集の基本的なことが
 分かりやすく書いてあります。
 構図やカットのつなぎ、イマジナリーライン、
 ビデオクリップ(PV)、イベント収録等ですね。
 3冊のうち一番庶民的だったw

傑作から学ぶ映画技法完全レファレンス
 映画に使われているカメラワークのもたらす効果
 をイラストを用いて説明しています。
 映画のワンシーンにそのような効果を狙って
 技法が使われているのかと参考になりました。

でもこの手の本を読んでしまうと
作る側の視点に変わってしまうのがネックです。
私はAB再生したり、ストップウォッチ持っていたりと
やってしまう場合がありますよ。

知らなければフツーに楽しめたハズ...デス。
Posted by piron at 2008年03月25日 14:35
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2784767
なんか凄いのの続きができてたので

コレ作った人はホントわかってますね/ ,' 3 `ヽ
Posted by at 2008年03月26日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13034781

この記事へのトラックバック