2008年02月27日

改造 その・・・???8だった

続きをやらねば・・・

どこまでやったっけ?
ああ、髪の毛だたw

080227.jpg

髪と頭の後ろ部分に隙間があったんで、
もう、一体化しちゃいました。
あと肌色の三面稜線が生じてたんで削除。
posted by キオ at 22:15| Comment(14) | TrackBack(0) | 初音ミク
この記事へのコメント
なんで荒いポリゴンの状態なのにこんなにきれいなんだろう…
六角のIKが改良されてMikuDanceと同じような使い勝手になったら、このキオ式ミクの完璧造形がなめらかに(しかも当たり前のように)動き出すんですよね…
私も含め、キオ式に触れて六角大王を買ったり買い直したりした人って絶対にたくさんいるはず
改良、して欲しいですね
何せIK以外は、六角を始めて三日の自分がろばの魔人を作れたくらいわかりやすいツールですし
Posted by Jun at 2008年02月28日 22:51
六角大王は、IKで調子にのって弄ると、肩とか、骨盤とかグジャグジャになっちゃうんですよね。
IKの影響範囲というか、階層というのか、そういうものを決められて、IKが影響しないボーンも設定できて、IKでも、例えば、関節があり得ない方向に曲がらないような制約を設定できるとかなれば、嬉しいのですけどね。
キオさんのモーフと、六角大王のモーフ設定は使いやすくて、助かっています。
Posted by アロハ at 2008年02月28日 23:22
>Junさん、アロハさん

>私も含め、キオ式に触れて六角大王を買ったり買い直したりした人って絶対にたくさんいるはず

いや〜
だまされた!って思ってる方も少なくないはず(^^;
スミマセン!使いにくい骨、使えないIKでスミマセンm(_ _)m
表示重くてスミマセンm(_ _)m
アニメーションの書き出し、遅くてスミマセンm(_ _)m
Posted by キオ at 2008年02月29日 00:04
ハーイハイハイ!
私もだまされた被害者の一人です!
例の01_balladeの動画を見て「こんな安いのになんて多機能!六角は神のツールか!」と騙されましたよw

CGソフトメーカーはキオさんにフルパッケージを贈るべき。
一人にプレゼントするだけで、また釣られて数十個は売上伸びるw
Posted by ussy at 2008年02月29日 02:42
キオ式ミクに惚れて六角買いましたけどね
他を知らなきゃこんなもんなんだ??で済んじゃいますw
最後に3DCG触ったのは・・・NECのXa9だったから10年以上前だものw
ミクデータの無償公開でチャラっす
Posted by DA18 at 2008年02月29日 03:58
自分も六角の悪い所言ったりしてますが、好きなんだよなあ六角
(モデラーとして使わない人にはそりゃあ不評でしょうけどw)

ここで六角の愚痴言うだけじゃなく、皆の意見をまとめて終作に要望を出すってのはありじゃないかと思ったり。

終作は今さし絵スタジオに力入れてますが
動画スタジオ(仮)なんてのも誕生するかもw
Posted by 可動F at 2008年02月29日 04:02
はじめまして

少し前に六角買ってどうしてウチは
不具合が出るのだろう?
H/Wを使って高速表示と書いてあるし
この状態でPVが作れるはずない
なにか原因があるはずだと
悩んでいましたがすっきりしました。

だまされてたんですねw

Posted by piron at 2008年02月29日 06:09
> pironさん

CGの映像は、「トロン」という映画で使われていた頃は、1枚、1枚、スーパーコンピューターで計算していると言われていましたし、今でもちょと気合いの入ったレンダリング(3Dの数値モデルから、画像へするための計算)では、1枚の画像で数時間かかったりします。

H/Wを使っているのは、おそらくカクカク表示で、線とか、テクスチャーをきれいに表示していないモードだと思います。
(最新のハードウェアの機能を使えば、AAとかでそこらへんもハードウェア化出来そうですけど)

気合いの入ったレンダリングに3Dアクセラレーターの計算部分を流用すというのは、とても最近の話題で、「Parthenon Renderer」で試せるかどうかというレベルだと思います。
http://www.bee-www.com/parthenon/index.htm
Posted by アロハ at 2008年02月29日 06:55
>アロハさん
ありがとうございます。参考になります。
私はメタセコ、Mikoto、CelsViewを中心に初めたので
プレビューはリアルタイム表示に慣れてました。

ussyさんのデータを参考させていただこうと
六角を買ってみましたが上記の有様です。
メーカのページにある高速に〜というのは
すべてて試して(豆サイズ表示、カクカク表示...)
マシンのスペックもC2D,MEM3GB,GF7600と問題ないと思うのですが、
30フレーム分を簡易再生させるのに20秒ぐらいかかったコマ送り再生で
そんなハズは?...という思いでした。

みなさん、六角でモーションのプレビューは
フレームレート落としたり、フレーム数を
短くして再生(簡易ではない方)という方法を
とられているのでしょうか?
Posted by piron at 2008年02月29日 09:42
なるほどなるほど、六角大王の簡易再生って、簡易と言うわりには、あんまり速くないですね。
簡易再生ではコマ送りで、モーションの前後を確認するという感じで、全体を通してみたい時は、私は再生でレンダリングかけちゃって、コーヒー淹れに行ったりしています。(笑)

モーションの上手い人は、簡易再生をもっと上手く使っているのかもしれませんね。
Posted by アロハ at 2008年02月29日 15:10
なんだかんだで腐れ縁の六角を呪ってもしょうがないのでいいところも。

モデリング全然しませんが、元データのあのローポリであそこまでキレイに出るのはすごいですね。なにより価格が低い。とりあえず一式3DCGできる環境が1万ってのはすごいです。

モーションチェックですが、私は曲線チェックはずしてレンダしてしまってます。場合によっては、適当に振り付けてレンダし、AEのタイムリマップ機能でタイミングを調整して、そのタイミングを参考に再レンダします。

タイムリマップ機能は、動画の任意の場所を早くしたり遅くしたりする機能。加速度曲線もいじれるのでそのまま本チャンに使ったりもします。

ギロカクたんの最初の屈伸カットは、ダラダラ屈伸してるのをタイムリマップで調整してキビキビ動かしています。また、ギロカクたんのジャンプモーションもタイムリマップで味付けしてます。
Posted by ussy at 2008年02月29日 15:27
ussyさんも、簡易再生は、あんまり使っていないんですね。

真面目な話をすると、私は六角大王を買って、損したとは思っていないですよ。(笑)
キオさんのモーフが良く作りこまれているからなのか、あのモーフは表情を作りこむのにとても便利です。
1万円弱という価格は、Blenderの本、2冊ぶんぐらいの価格ですし。
IKを使わないようにしてから、なんとなく使い方も馴染んできました。
Posted by アロハ at 2008年02月29日 17:07
簡易再生ははちゅねがカメラ持ってウロウロしてないかのチェックだけに使っています。
基本は20fpsでテクスチャオフのギザギザ表示で不要な立体は全て消した上で点と線表示でなんとかというレベル
マシン構成はP4の3.2GHzメモリ2GのGF6600
その後5フレームごとにモーフの暴走チェックした上で全部の立体表示と10秒位ずつ書き出して再生チェック
問題が無かったら保存場所に格納して後で結合させてます
WMMしかないのでスピードやカメラは全て六角上でなんとかしてますわ
リップシンクやリズム取りは気が狂いそうw
Posted by DA18 at 2008年02月29日 20:00
ありがとうございます
大変参考になりました。
待つことがわかれば
それに合わせて使えばよいだけですね
待つのはAEのレンダで慣れていますし
六角自体、操作は他に比べても
わかりやすいですし。
あとは気力だけです。

>タイムリマップ
ギロカクたんの何気ない動きにそのような高等テクがあったんですね。
時間調整はデュレーションぐらいでした。ちょっと勉強してきます。

六角は安くて良いです。
AEの参考書2冊分以下ですし
正直なところ、データの参考
目的で買ったので
ソフトのほうがオマケ感覚でした。
それじゃあんまりなので使えるよう
にしたいですね。
Posted by piron at 2008年02月29日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11536650

この記事へのトラックバック