2013年06月13日

桃音ピク フィギュア化計画その3

【フリルの実体化】

服のフリルはポリ板にアルファ抜きしたpng画像を貼り付けてますが
3Dプリンタだとこれは再現されません。
なのでフリルを一つ一つモデリングします、これが一番大変な作業でした。
act3_130612-1.jpg
act3_130612-2.jpg

フリル板を削除し、厚みを付け面を閉じます。
act3_130612-3.jpg

縁の面を一つおきに選択し、押し出します。
act3_130612-4.jpg

残りの面も選択して押し出し〜
act3_130612-5.jpg
act3_130612-6.jpg

これを元に形を整えていきます。
act3_130612-8.jpg

曲面化するとこんな感じ。
フリルにしては厚みがあり大味になってます。
act3_130612-9.jpg
出力依頼する3Dプリンターは石膏粉を固めるタイプのもので
色彩も再現されますが結構もろくて一ミリ以下の厚さだと
壊れやすい弱点を持っています。
出力サイズは15センチ〜20センチの予定なので
モデリングソフトの実寸スケール(桃音ピクの身長は158センチ)
で1センチ以上の厚みをフリルにもたせる必要があるので、このような大味にしてます。

服の他のフリルも同様に厚みをもたせて実ポリゴンで作成。
act3_130612-10.jpg

スカートの裏地はスカート部分を縮小コピペ、&法線反転で作成。
act3_130612-11.jpg

服と厚みを作ってつなげます。
act3_130612-12.jpg

袖のフリルと同様に厚みの部分を押し出してフリルを作成。
act3_130612-13.jpg

ウォレットチェーンもこのままだと薄すぎ、細かすぎで確実に壊れますので
パーツを作り直し、ぶ厚くしました。
隣のグレーの立方体は1センチ角で作った厚みの目安です。
act3_130612-14.jpg
act3_130612-15.jpg

ヘッドセットのマイク部分は省略するか迷いましたが太くして付け直しました。
act3_130612-16.jpg

シューズ部分も隙間をなくし、これで3Dプリンター出力の
第一条件である厚み付け、穴埋め作業終了。
posted by キオ at 03:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 六角大王