2007年12月26日

CGMに未来はあるのか

共同声明の反応をいろんなブログ、掲示板スレを
見て回ったのですが、

「ドワンゴ、ざまあ!強奪を防いだクリプトンよくやった!」

との反応が目立ちます。
表面から見たらドワンゴ=悪みたいな図式の方が
分かりやすくて面白いのでしょうが・・・

ドワンゴが先走ってJASRACへ信託しようとして
空気読めなかったのは
批判に値するとは思いますが
クリプトンサイド、つまりクリプトンが
間に立てた代理業者が作者との契約を
進めず業務を怠ったことが齟齬の原因です。
結局、作者への説明、契約を行うのは
代理業者をはずして
クリプトン・フューチャー・メディア社
が直接行ってるようです。

現状まだそんなに数も多くない分、
着歌配信においてはそれでいいかもしれませんが、
映像関係、特に人気のPV作品をなんらかの
形で商品化しようとする場合、
その契約をクリプトンだけで取りまとめられるのでしょうか?
CGM作品の権利者は誰なのか?という問題に突き当たります。

一つの素材を大勢のユーザーでよってたかって
素晴らしい作品に仕上げたは良いが、
いざ商品化して利益を作者に還元しようとした場合
それが出来ない可能性があります。

たとえば作詞者Aの歌詞で作曲者Bが歌曲を作り、
絵描きCのイラストを元に3DモデラーDの作った3Dモデルを使って
EがアニメーションにしてPVを作成したとしたら、
権利者は誰になるんでしょう?
Eだけのものじゃないはずです。

Eに丸投げしてEと各作者の話し会いで
マージンを決める方法もあるかもしれませんが
話し合いが上手く行かなければ
いつまでたっても契約出来ない可能性が大です。

ドワンゴから代理業者に委託願いがあったのは
はたして着歌だけでしょうか?
PV作品を着ムービーとして配信できるよう
頼まれたとしたら、
ここの198の状況になったのかもしれません。
       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  <○>  <○>  \.    
    |    (__人__) し  |
    \    ` ⌒´    /
    /     F.W       \
いったい、誰と何を話せば良いのか

ひょっとしたらそれが原因で業務放棄し、
逃げたのかもしれませんwww

クリプトンからCGMに関して新しい出口の示唆が、
あったように思いますが、
あくまでCGMを盛り上げていく方策の検討であって、
音楽作品に関することのみだと思われます。
しかしピアプロ、zoomeによる、クリプトン提携の企画「TDKI」のこともあり
ユーザーは映像作品も含めたCGMの出口を用意してくれるのだと
勝手に思い込んでるのだとしたら
クリプトンは重い十字架を背負ってしまうのではないか
と思いました。

では、映像を含めたCGMを商品化する場合、
どういう手段があるでしょうか?

個別に、作詞、曲、イラストの版権等を
それぞれの作者からあらかじめ買い取るって手もありだと思います。

権利の囲い込み、独占は絶対悪ではなく
業務の一形態にすぎないことを理解するのは
そんなに難しいことでしょうか?
まあ他にもっと良い手段はあると思いますが
とりあえず思いついたので・・・

六角大王の制作会社鰹I作が販売してる
「さし絵スタジオ」という商品があります。
これに使われてる3Dオブジェクトは六角ユーザーが
制作し、鰹I作が作者から買い取ったものです。
その際、契約書の交換はせず、
基本的に覚書に同意するだけです。
私も幾つか制作し、○万円いただきました♪
いろんなシーンの場面はそれぞれ違うユーザーが作ったオブジェクトを、
また別のユーザーが配置して鰹I作から報酬を得てます。
これは広義のCGM商品と言えるのではないでしょうか。

今回の初音ミク着歌問題は一応の終着を迎えましたが、
CGMの今後、契約のあり方について、
いろいろ考える必要がありそうです。
posted by キオ at 19:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記