2007年11月24日

モデル修正

昨晩、モデルデータをアップしたんですが
うっしーさんから腰の骨を掴めば全体が移動できるとの
指摘がありまして、
よく考えなくてもその方がシンプルですw
知らなかった訳ではありませんが、
背中の後ろの骨で軸回転も出来るようにとの
考えに腐心したため、
腰、あるいは背中の骨を掴めば
全体移動できることをうっかり忘れ
変に複雑な骨をくっつけてしまいました。

なのでまた骨構成を変更して
モデルデータを差し替えました。

ただ背中の骨で軸回転をやる方法も
捨てがたいなと思ったので
それをやりたい方はいったん骨を
無効にして中心部分の背中の骨を
後ろに引き伸ばし端っこを中心点にして
また有効にすればそれが出来るようにしてあります。
071124-5.jpg
それと顔のモーフ設定をちょこっと変更しました。
笑い顔、目閉じを微妙に修正してます。
071124-7.jpg
  ↓
071124-8.jpg

どたばたして申し訳ありません、
が、より使いやすいモデルを目指して
これからも迷走すると思いますw
また何かあれば遠慮なく申し出てください。
posted by キオ at 22:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 初音ミク

骨の変更

六角で作ったミクのモデルデータを
使用してくださった作品で、ろばの魔人や小さい秋見つけた
そしてmelody…と非常に高度な作品を作られてる
方々が登場してきてます。

それらのコメントを見ると腰から下の動きが欲しいとの
書き込みを時々見かけます。
実は六角の標準の骨構成だと重心の移動、
腰の入った動きをつけるのが非常に困難です。
足元にアンカー付けて腰を移動させるといった機能が無いので
(実は擬似的に出来るのかもしれませんが説明は省きます)
骨組みの設定とモデルの位置の設定を
同時にやらなければなく、煩雑になって
わけがわからなくなります。

そこで六角標準の骨でなく、
背中にクランク状の骨を追加したモデルを
アップしました。
071124-1.jpg

モデルデータ(背中の追加した骨は非表示にしてあります)

これである程度の前後左右上下の移動を骨の設定だけで
出来ますので、少しは楽になります。
071124-2.jpg
071124-3.jpg
またツインテールにも骨を入れましたんで
髪の毛は骨とモーフ両方で動かすことが出来ます。
それとアニメ立体にしたときモーフさせる領域が
重複してるとどちらかが動かなくなる場合が
ありますのでモーフベースを整理してます。

この骨構成を使い、
重心の足の位置にグリッド表示であたりをつければ
なんとか腰から下の動きがつけやすくなると思います。
071124-4.jpg

テスト動画

ただ標準の骨ではなくなりましたので
ライブラリのポーズは適用できなくなってます。
やや上級者向けですが、
最初に述べたようにこちらの想像以上に
レベルの高い動画を作られてる方々が現れましたので
こういった需要もあるだろうと思って作りました。
posted by キオ at 01:31| Comment(7) | TrackBack(1) | 初音ミク